塾を低資金で開業するヒント|立地に拘わる

男の人

教育支援事業で独立する

勉強

成長が期待できる分野

わが国では少子化によって子供の数が減少を続けていますが、その分教育熱心な家庭が増え、子供1人当たりの教育費の支出額は逆に増加しているという報告も寄せられています。そのため、学習塾は成長産業として大きな注目を集めています。現在、多くの学習塾は少人数制の授業を基本方針としています。そのため、学校の教室ではなかなか実現しづらいきめ細かな学習指導が受けられるというメリットがあります。また、近年は共働き世帯の増加によって、親が自宅で子供の勉強を見守るための時間を作るのが難しくなっています。学習塾には、これを補完する役割も期待されています。こうした事情を背景に、最近では学習塾を独立開業の手段として選ぶ人が増加しています。ゼロからのスタートを試みる人、フランチャイズ経営によって半独立のような形で開業を目指す人など、やり方はさまざまですが、いずれも高い成長が見込まれるというのが開業の強い動機となっています。また、資金規模に応じてさまざまな経営スタイルが選択できるというのも、塾開業が人気となっている理由の1つとなっています。コンビニや居酒屋などの場合、安定した経営を行うにはどうしても一定規模のスペースが必要になります。さらに、立地条件も非常に重要です。これに対して塾の場合は、受け入れる生徒の数に見合った形で事業規模を調整することが可能です。また、立地も繁華街などに限る必要がなく、たとえば自宅の一部を開放して運営することも可能なため、開業に必要な資金が低額で済むというメリットがあります。